staff_intv_driver


最近不況によるリストラなど、様々な理由で40代、50代になって副業を始めようとしている方が増えてきています。

そうした中、ジワジワと需要が高まってきているのが風俗店などの「送迎ドライバー」。

40代以上の方は何かアピールポイントがないと、大抵の仕事で採用されにくいのが正直なところ。
しかしドライバーなら40、50代の方であれば大抵の人は運転の経験があるので採用もされやすいというワケです。

ここでは中高年の方向けの、送迎ドライバーの仕事についてご説明していきます。

■中高年が送迎ドライバーに向いている理由

送迎ドライバーという仕事は車の運転経験が長いようであれば、かなり重宝されます。
タクシー運転手経験なら最高ですが、他にも配達や運送、営業回りなどさまざまな職種で運転経験が長い人は道をよく知っていますからこちらも厚遇されることが多いです。

例えばナビでは裏道を指示されても、この時間帯なら幹線道路の方が空いているからそちらを使おうとか、逆にこの時間帯はこのあたりは渋滞しがちなので、多少遠回りをしても最終的には早く到着するだろう…というような勘は、若いドライバーにはなかなか身に付いていないものなのです。

資格や送迎の仕事をした事が無くても、その地域をよく運転していた、というのは送迎ドライバーにとって十分な経験として扱ってくれるんです。


■ドライバーが風俗嬢を口説くのは厳禁!

中高年からの副業・アルバイトなら、送迎ドライバーがおすすめ!


実は中高年が送迎ドライバーに向いているのには他にも理由があります。
送迎ドライバーにありがちなトラブルの一つとして「女の子を口説く人が多い」というのがあり、若いドライバーだとそういったトラブルが多いのだとか。

当然ながら、すべての風俗のお店は、お店に在籍している女の子を口説いたり、付き合ったりするのは厳しく禁止されています。
こういう言い方をすると失礼かもしれませんが、デリヘル店にとって女の子は「商品」なので、そういった行為に対してはどのお店でも厳しいペナルティが課せられています。

そんな中で中高年の場合には、口説くような人は比較的少ないコトから優遇されやすいと言えます。
時間を持て余している方、もう少し稼ぎがほしい…という方はこの機会に送迎ドライバーを始めてみてはいかがでしょうか?


→大阪の中高年でも可能なドライバー求人をチェック!


送迎ドライバーの仕事解説 関西版
→送迎ドライバーの仕事解説 関西版